トピックス

劇団「ブーメラン」の話題を紹介します。
●ブーメランの公演案内は左のメニュー「公演案内」をクリック!
●記事内容は右の詳細欄の「記事を見る」をクリックして下さい。

掲載日 見出し 詳細
平成27年

11月

1日

平成27年10月31日(土)   
 

(写真をクリックして下さい)

平成27年10月31日(土)
「Trick or Treat!」今日はハロウィン。
劇団ブーメランは、大人の打ち上げ会を行いました。
ピンスポや吊りバトン操作でお世話になった先生方をお招きし、まずは恒例、前原先生のご挨拶でスタートです。
楽しく美味しい宴の最後は、新海先生の〆のお言葉で大爆笑。
次年度の公演予定日も決まりました。

(写真をクリックすると拡大します)  

 
平成27年

10月

26日

 

 

 

平成27年

10月

19日

 

 

 

平成27年

10月

7日

石関恵美絵手紙展への案内   
(写真をクリックして下さい)
 
石関恵美絵手紙展への案内   


石関恵美絵手紙展

展示期間: 2015年10月1日(木)〜10月31日(土)

展示場所: 「まるしん篤亭」 (11:00〜17:00)
      (定休日 水曜日)

「まるしん篤亭」さんの営業時間は11:00〜17:00までです。
    定休日は水曜日です。
    尚、日曜、祝日は売り切れ次第 15時ころまでです。 


群馬県桐生市境野町7−70−5
Tel: 0277−44−8665

「まるしん篤亭」ホームページ
   ・・「まるしん篤亭」

(写真をクリックすると拡大します)

☆「Gallery MEGU」ホームページ ・・「Gallery MEGU」

 

 
石関恵美絵手紙展へ行ってきました。   
平成27年10月17日(土)

めぐちゃん絵手紙展に、おじゃましてきました。

こちらは、息子が一目惚れし、譲って頂いた絵手紙ツートップ。
なんと1枚、100円というお値段です。

めぐちゃんは、今年、生まれて初めて飛行機の旅を、経験したとのこと。
新しい感動も増えて、そんな素敵な刺激が、絵手紙に、これからますます表現されていく予感がします。

(写真をクリックして下さい)

☆「Gallery MEGU」ホームページ ・・「Gallery MEGU」

 

Y子
石関恵美絵手紙展へ行ってきました−2   
平成27年10月26日(月)

めぐちゃん絵手紙展に、新海先生も足を運んでくださったそうです。
ありがとうございます。
新海先生は、絵手紙を額縁に入れ、可愛らしいコーナーを演出。
我が息子は、会報誌のしおりに。選んだポストカードは、偶然にも同じもの。
それぞれ自分の「大好き!」なモノと一緒にしてますね(笑)。

(写真をクリックして下さい) (写真をクリックして下さい)

☆「Gallery MEGU」ホームページ ・・「Gallery MEGU」

 

Y子
平成26年

7月

9日

上毛新聞(7/9)に載りました   
 

(写真をクリックして下さい)

7月9日の上毛新聞シャトルに、劇団ブーメランが紹介されました

(写真をクリックすると拡大します)  

 
平成25年

10月

3日

黒ア 秀逸 作品展 のお知らせ   
(写真をクリックして下さい)
 
黒ア 秀逸 作品展   

劇団ブーメラン団長、黒崎慧くんの父上でもあり、
ブーメラン専属作詞家でもある、黒崎秀逸氏の作品展です。
皆様のご来場をお待ちしております。
日時 :平成 25年 10月 1日(火) 〜 10月27日(日)
     12:00 〜 19:00 (最終日10/27 は 17:00まで)
    ※定休日は 10/7, 10/14, 10/20, 10/21
場所 :家カフェ・サラ(TEL:0277-22-7061)

(写真をクリックすると拡大します)

 
平成25年

9月

23日

人権シンポジューム「誰もが輝いて生きるために」   
(写真をクリックして下さい)
 
人権シンポジューム「誰もが輝いて生きるために」   

劇団ブーメラン母親スタッフもパネリストとして参加します。
皆様のご来場をお待ちしております。
日時 :平成25年11月17日(日) 13:00〜16:30
                    (開場12:30)
場所 :群馬県社会福祉総合センター 大ホール (新前橋駅近く)
(群馬県前橋市新前橋町 13−12)
問合せ先:日本福祉教育研究所 TEL:0279-24-3999

(写真をクリックすると拡大します)

 
平成25年

9月

18日

石関恵美絵手紙展への案内   
(写真をクリックして下さい)
 
石関恵美絵手紙展への案内   

石関恵美絵手紙展

展示場所: 「まるしん篤亭」
         (定休日 水曜日)
2013年10月1日(火)〜10月31日(木)

群馬県桐生市境野町7−70−5
Tel: 0277−44−8665

(写真をクリックして下さい)

(写真をクリックすると拡大します)

 
平成25年

7月

7日

お知らせ   
(写真をクリックして下さい)  
助成金で頂いた音響機器を、この夏行われる、特別支援学校健康研究会の
実技研修会に、お貸出しすることになりました。
数件の団員の自宅で管理されているスピーカー、ミキサー、ピンマイクなどを集め、
試しに機材のセットアップをやってみました。
途中、スピーカーがセッティングできない、周波数の設定は?なんてもろもろ
バタバタしましたが、4人寄れば文殊の知恵。無事に音出しが出来ました。

しっかりお仕事をしてきて下さいね〜。
(写真をクリックすると拡大します)

 
平成25年

3月

3日

黒崎秀逸氏 作品展のお知らせ   
(写真をクリックして下さい) 劇団ブーメラン団長、黒崎慧くんの父上でもあり、ブーメラン専属作詞家でもある、黒崎秀逸氏の作品展です。
展示作品は
      ・風景画を中心とした油彩画。
      ・詩集「生きる感じ」
 ('13年3月15日に、文芸社より「生きる感じ」という詩集を発行します。)
(写真をクリックすると拡大します)
 
ご来場お待ちしております

 
平成25年

3月

1日

平成25年

2月

25日

石関恵美絵手紙展への案内   

3月10日公演「座敷わらし再び」では、こども役を演じるめぐちゃん。
このたび、絵手紙の個展を開催することになりました。
どうぞ、みなさま足をお運び頂き、めぐちゃんのハートフルな世界に
ふれて下さいね。

石関恵美絵手紙展

展示場所: Cafe and Galley ねこの時計
         (定休日 木曜日 第3日曜日)
2013年3月1日(金)〜3月25日(月)
     AM10:30〜PM5:30

「Cafe and Galley ねこの時計」
                    http://www.nekonotokei.com/
群馬県みどり市塩原1522−7
Tel: 0277−72−7130


(Hp:Gallery MEGU)



(拡大:イメージをクリック)
チラシ

石関恵美絵手紙展へ行ってきました。   
平成25年3月1日(金)画像は「めぐちゃんの絵手紙展」「かぜをひかないでね」
とうげつ(桃月)、ひいなつき(雛月)、ゆめみづき(夢見月)。
3月の別名は、どれをとってもレディな気分。
劇団ブーメランのステキ女子のひとり、めぐちゃんの絵手紙展は、本日、初日を迎えました。
会場の「ねこの時計」は、花と緑に囲まれた丘の上にあるカフェ。
自家栽培の野菜を使った料理を、綺麗な景色を見ながら楽しめるんです。
ギャラリーに入ると、そこはもう、めぐちゃんの精一杯の思いがつまった、心地よい空間。
めぐちゃんのその時その時の、最も伝えたい思いが、短い言葉に凝縮されています。

ギャラリーでは、絵手紙を購入することも可能です。私はこちらを選びました。
「かぜをひかないでね」・・・そうですよね。劇本番まであとわずか。
この絵手紙、お守りがわりに致しましょう。

そんなめぐちゃん。今回の劇では「生徒役」を演じます。
青空教室のシーンでは、白い大きなホリゾント幕に、めぐちゃんの描いたイラストが プロジェクターで投影されますよ。
めぐちゃんが空間プロデュースする「春」のシーン、お見逃しなく、です。  (Y子)

(写真をクリックして下さい)
(写真をクリックすると拡大します)  
画像「かぜをひかないでね」
カフェのレジで、絵手紙のお会計をすると、こんな可愛い封筒に入れて下さいました。
折り紙の風車に、ピンクのきらきらラメが付いています。
こちらも、めぐちゃんが用意したものだとか。ああ、胸きゅん。

ご来場お待ちしております

 
平成25年

2月

17日

日本ダウン症協会群馬支部主催 セミナーが行われました。   

日本ダウン症協会群馬支部主催のh24年度第1回セミナー
 [ミュージカルの中で見えてきたもの ]を演題として
講師に劇団ブーメラン 指導者 前原通宏 氏を迎え
平成24年11月24日に開催されました。 

”知的に障がいのある子供や青年たちが、学校を卒業した後の生活を
豊かに過ごすにはどうしたらいいのか?”を中心に講演され、
受講者は、「前原先生の思いやメッセージが伝わる、大変有意義な
セミナーだった。また、多くの参加者の方々から活発な質問が出て、
それに対し、前原先生は、一つひとつ丁寧に答えてくれ、充実した時間を過ごす
ことができた。」・・とセミナーは好評に終わりました。


 
チラシ

平成25年

2月

4日

2013年3月15日に、詩集「生きる感じ」の発行   

劇団ブーメラン団長、黒崎慧くんの父上でもあり、
ブーメラン専属作詞家でもある、黒崎秀逸氏。
2013年3月15日に、株式会社文芸社より「生きる感じ」という詩集を発行します。

ブックカバー裏のことば
幸せは自分の中から掘り出すのがいいと思います。
幸せを自分の外に探そうとすると、
幸せを感じにくい身体と心になってゆくことに気付きました。
生きている意味とは、
自分の中にある幸せを感じ取れる身体と心と作ることだと思っています。
この詩集の中の詩のいくつかが、読者の方の身体と心の中にある幸せへと導く力を
持っているといいなと思います。

著者プロフィール
黒崎 秀逸(くろさき しゅういつ)
1957年 岩手県に生まれる。
1963年 桐生市立川内南小学校入学。
1974年 詩人になる。
1981年 国語教師になる。
1997年 絵かきになる。

「生きる感じ」
2013年3月15日初版発行
著者 黒崎秀逸
発行所 株式会社文芸社
定価(本体600円+税)

 
::読者から:::::::::::::::::::::::
絵かきでもある黒崎先生。
どの作品も、まるで絵画のよう。
清新な水彩画のようであったり、版画のようなモノクロームの世界を感じたり。
第U章の「人を好きになったこと」、泣きたくなるほど素敵です。必読!   (柏瀬)
::::::::::::::::::::::::::::::::
 

平成21年

4月

19日

劇団ブーメランが日本テレビで放映されました   

「24時間テレビリポート」の番組で、劇団ブーメランが紹介されました。

■番組タイトル 24時間テレビリポート「障害を乗り越えて」1回目
 放送日時 09年3月 日 日曜日05:25〜05:30 (NTVエリア)
 
■番組タイトル 24時間テレビリポート「劇団ブーメランの挑戦」2回目
 放送日時 09年4月19日 日曜日05:25〜05:30 (NTVエリア) 

 
拡大

詳細

平成20年

9月

21日

第3回知的障害者他 市内活動団体交流会
福祉月間 『あそびにおいでよーっ』
  

第3回知的障害者他 市内活動団体交流会
福祉月間 『あそびにおいでよーっ』
日時 平成20年9月21日(日)9:30〜15:00 雨天決行
会場 桐生市身体障害者福祉センター
 
プログラム
 9:30〜開会
 9:45〜発表『鳴子踊り』
10:00〜各団体出店開始 新鮮採りたて野菜の朝市
11:00〜南米音楽演奏「ハチャウル」
13:00〜救急時の応急処置講習会『AEDの使い方』
       会場 あづま会館(桐生市消防 東分署)
 
 
劇団「ブーメラン」は屋外テントで日用雑貨と野菜の販売をします。
セルプわたらせ、みやま園ではパン販売、
桐生市手をつなぐ育成会 本人部会「あ〜す」では、
手作りのハーブ石鹸、桧チップ入浴剤、静岡深蒸し茶の販売をします。
和室では、桐生市立養護学校の子供たちの作品展示や
桐生ダウン症児者親の会のパネル展示もあります。
 
主催:第3回市内活動団体交流会実行委員会
共催:桐生市手をつなぐ育成会、桐生ダウン症児者親の会、桐生市立養護学校
    学童クラブめいぷる NPO邦人はたおと虹の作業所、劇団ブーメラン
協力:セルプわたらせ、みやま園、スポーツクラブ「くれよん」、友和会、
   ハチャウル、桐生市消防(東分署)、桐生第一高校インターアクトクラブ、
   渡良瀬養護学校(農耕班)、西澤茶園
後援:桐生市社会福祉協議会、きりゅう市民活動推進ネットワーク、桐生タイムス

 
 

(07/10/02)
H19/09/16桐生市立昭和公民館和室で、「布ぞうり」作り   

桐生市立昭和公民館和室で、「布ぞうり」作りが行われました。
ここ最近人気の「布ぞうり」作りですが、今回はミュージカル「夕鶴」で
団員たちが履く「小道具」作りです。   

詳細
(07/04/14)
H19/04/17 am 8 :30 〜 am 9 :00 群馬テレビで放映予定   

■テレビ大阪「石橋勝のボランティア21」の取材がありました。
群馬テレビでも放映される予定です。
平成19年4月17日(火)午前8:30〜9:00 群馬テレビ
第419回「石橋勝のボランティア21」

 
(05/02/23)
出版記念パーティー   

2004年12月18日(土)
小学館単行本「25人の夢はブーメランに乗って」
出版記念パーティーが 桐生市市民文化会館 国際会議室にて行われました。

  

(04/12/31)
好評発売中!  
書名:『25人の夢はブーメランに乗って』
著書:前原 通宏/藤原 嗣治

小学館より 1,470円
今年12月3日に発売された、『25人の夢はブーメランに乗って』は 好評発売中です。
お求めは、各書店にて。(尚、下記、Eメールでも扱っております。 件名には、『25人の夢はブーメランに乗って』購入希望と書いてください。

E-Mail: oak@ktv.ne.jp


(撮影協力:笠懸アピタ内「ふじう書店」様)

こちら!(クリック)
(04/11/18)
劇団ブーメランが本になった!  
書名:『25人の夢はブーメランに乗って』
著書:前原 通宏/藤原 嗣治

小学館より 1,470円
  発売日:’04年12月3日
お求めは、書店 又は

小学館「SHOGAKUKAN ONLINE」 http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=4098400944にて
(注意:上のURLは'04/11/18 現在です 今後 そのページが更新されます)

  この本の内容(小学館上記URLより)
 7年前、桐生市立昭和中学校の障害児学級「3組」の文化祭がきっかけで誕生した「劇団ブーメラン」。障害のある子どもたちに生きる喜びとやる気そして自信を持たせたいと著者、前原道弘教諭は劇団ブーメランを創設した。現在25人の団員が在籍し、2004年夏、(財)日本ダウン協会主宰の全国大会(広島市)で日頃の練習の成果をいかんなく発揮し『オズの魔法使い』を発表、初の全国公演をなしとげた。劇団員、保護者スタッフそして前原先生ら指導スタッフとの力強いチームワークで、数々の難関を乗り越える新たな夢に向かって成長しつづけている――。

 :
(04/07/7)
素敵なゲストをお迎えして・・・  

2004年7月4日(日)
本日のゲスト 
小学館の藤原様
桐生タイムス報道記者の方
日本ブーメラン協会理事 群馬ブーメラン協会会長の岩上良吉様

岩上様には昭和中の体育館で、こどもたちに ブーメランの飛ばすコツをご指導頂きました。

こちら!(クリック)
(04/06/12)
本町6丁目商店街のフリーマーケットに参加!  

2004年6月6日(日)
広島遠征資金を調達するため 本町6丁目商店街のフリーマーケットに参加! 資金支援をして下さった方々、 本当にありがとうございました!

こちら!(クリック)
(04/05/19)
バーベキュー大会@小平の里  

2004年5月16日
大間々町の小平の里にてバーベキュー大会 を行いました。
朝から雨でした。しかも後半から豪雨です。 でもみんなの気分は、最高! 屋根付きのポジションをキープしてくれた幹事さん、 あなたはエライ!!

その様子はこちら!(クリック)
カラオケとバイキングの打ち上げ会   
2004年4月18日
カラオケとバイキングの打ち上げ会 が行われました。

サンドイッチは、母親たちの手作りです。
あっという間に、作業ラインができあがり、 美味しい料理が、流れ作業で続々と完成していきます。 テーブルに、のりきらないよ〜。
もちろんカラオケは、大盛り上がり! 選曲でその子の裏キャラが、わかります。

その様子はこちら!(クリック)
以下 平成15年
(03/09/20)
劇団「ブーメラン」ボーリング大会 開催   

2003年9月21日
9月21日(日)劇公演の慰労をかねて、 ボーリング大会が行われました。
今回は、「バンパーレーンなし」というシビアな大会スタイル!
ブーメランのボーリング大会では初めてのチャレンジです。
さて、いったいどんな展開に・・・。

気になる展開を見る(クリック)
以下 平成14年
(02/12/15)
「群馬県人権啓発フェスティバル in ぐんま」紙上で紹介されました   

2002年11月29日
於:伊勢崎市民文化会館小ホール
主催:群馬県 群馬県教育委員会 前橋地方法務局 群馬県人権擁護委員連合会 その他

13:00〜
やさしさと思いやりを考える演劇の集い
演目:ミュージカル「オズの魔法使い」
劇団ブーメラン
'02年11月30日(土)上毛新聞 地域 県央に記事が載りました。

新聞記事を見る
(02/09/21)
前原通宏先生が「劇団ブーメラン」を紙上で語りました。  

前原通宏先生が、読売新聞の群馬版「教室から」のコラムで、劇団ブーメランを通しての教育を語っておりました。
7月20日(土)読売新聞 地域ニュース群馬2より

記事を見る
(02/05/15)
劇団「ブーメラン」第13回「山本賞」受賞!  

●劇団ブーメランが第13回「山本賞」を受賞いたしました。
『山本基金』とは、・・・・
1989年4月に突然亡くなられた明治学院大学教授、故山本普先生の、障害児・者の教育・福祉の分野でのユニークで先駆的な業績を称えると共に、先生の遺志を受け継ぎ発展させることを目的として、先生の残された生命保険金と一般の方々からお寄せいただいた寄付金を基にして設立されました。
その後も関係者からのありがたい援助も続いており、そこで、基金の事業の一環として、『山本賞』を下記の要領で贈っています。

  1. 目的:心身に障害のある人たちの教育や福祉の向上を目指すための活動を助成する。
  2. 対象:上記目的のためのユニークな活動をしている、又は計画している、個人又は団体。
  3. 実施方法:年1回応募者を募り、その中から選考委員会により受賞者を決定し金品を贈る。 実施の財源には当分の間、基金の一部を当てる。
  4. 授賞式:第13回『山本賞』授賞式は2002年4月上旬に明治学院大学で行いました。

選考内容
〇「劇団ブーメラン」は群馬県桐生市にある特殊学級卒業生を中心とした劇団である。月2回の練習,年1〜2回の公演のほか老人ホームへの出前公演も行っている。この中で中学校の同窓会であることが着目された。近年養護学校進学者がほとんどの中で中学校卒業生や地域の知的障害者のための青年学級(団体)の充実が求められていること,障害のあってもボランティアに参加することなどから,今後の一層の組織的な活動を期待して授賞の対象とした。これに類したものでは,第10回において「山の都ふれあいコンサート」が授賞している。  金額は僅かであるが,劇団という特色ある活動でもあり,継続的な活動を期待したい。

文章は「山本賞」のページより抜粋しました。

 
(02/03/18)
劇団「ブーメラン」第6回公開公演が新聞で紹介されました  

●劇団ブーメランの第6回公開公演が桐生市有隣館煉瓦蔵にて行われました。
演目は「勇気と希望」と題し、平成14年3月10日(日)午前11時 と午後3時の2回にわたり公演を行いました。
●その時の劇団ブーメランが新聞紙上に紹介されました。
3月12日夕刊 桐生タイムス 及び 3月11日の上毛新聞 紙上に、劇団「ブーメラン」が紹介されました。

記事内容は右の詳細欄の「新聞紙名」をクリックして下さい。
(戻る場合は、ブラウザの戻るボタンを利用してください。)

上毛新聞

桐生タイムス

(01/10/28)
劇団「ブーメラン」桐生市立昭和小学校にて公演しました。  

劇団ブーメランが桐生市立昭和小学校にて公演をしました。
10月20日(土)午前10時30分〜11時30分にわたり実施しました。これは、昭和小学校PTA行事 文化部の家庭教育学級の一環でおよばれしました。
当日は土曜日のため、オールキャストではありませんでしたが、在学中の劇団員だけで見事な舞台を こなしました。

其のときの内容は、ブーメランオフィシャルで報告されております。 右の詳細欄の「詳細ボタン」をクリックして下さい。

  

(01/08/22)
劇団「ブーメラン」が新聞に紹介されました。  

劇団ブーメランが新聞紙上に紹介されました。
8月22日(水)夕刊 桐生タイムス 及び 同日の東京新聞 紙上に、劇団「ブーメラン」が紹介されました。

東京新聞(pdf:403kb)
桐生タイムス(pdf:210kb)
(01/08/17)
前原先生 FMぐんまラジオ出演のお知らせ  

前原先生のFMぐんまラジオ出演が決定されました。
8月21日(火)PM7時に市川まどかアナウンサーが 昭和中に録音取材に来ることになりました。

放送は8月23日(木)又は24日(金)のFMフレッシュモーニングという番組の中でON AIRされる予定です。

FM群馬取材詳細
  


|HOME|