image

トップ 挨 拶 店 舗 . 商品案内

挨 拶

image

香雲堂桐生本店は、昭和四十年創業の和菓子店です。以前は、小曽根町に製造工場がありましたが、今から十七年ほど前、店主の小泉孝が梅田一丁目に店舗兼工場を移し、新たに開店しました。本家である足利の香雲堂とは親戚関係にあたり、本家の長女(孝の祖母)が創業しました。

 店の名物の一つである「霧渓(きりだに)最中」は北海道産の小豆を使用した餡とパリパリ香ばしい皮が、絶妙な食感と上品な甘さを生みだしています。
生菓子は、茶席菓子として茶道教室などで喜ばれています。
 来店されたお客様には気楽に茶道に親しめるよう、店舗に併設された茶室を活用して頂きたいと思います。

image      image

image